スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『動物園物語』

小劇場空間(250席)の濃密さと、中劇場(701席)の設備のよさを同時に体感できるシアター1010ミニ11(イレブン)は、とても気に入っています。
ミニ11第一弾の『ソフィストリー~詭弁~』(2006年8月)がよかったので、今回の第二弾『動物園物語』も迷わずチケットをとりました。
人工物だけで構成された無機的でスタイリッシュな『ソフィストリー』とはがらりと変わって、一歩足を踏み入れた途端はっとするような美しい自然の世界ができていました。
そこで繰り広げられるのは、偶然出合った男ふたりの対話劇です。
実質的には、ジェリー(演・貴水博之さん)がピーター(演・市川段治郎さん)に一方的に語りかけ続けるのですが、膨大なセリフ量をこなすということだけではない、貴水さんの命を燃やすような熱演に圧倒されました。
50年前のアメリカの物語が、これほど胸に沁み入るとは……素晴らしい戯曲、素晴らしいキャスト、素晴らしい演出と美術、……忘れられない舞台に出会うことができました。



THEATRE1010
エドワード・オールビー作
『動物園物語』
シアター1010ミニ11(イレブン)
2007年1月8日月曜日~21日日曜日
全席指定6,000円

べきら観劇日:
1回目 2007年1月11日木曜日
2回目 2007年1月21日土曜日

上演時間:約1時間(休憩なし)

訳・演出:青井陽治
美術・衣装:朝倉 摂

【物販】
プログラム1,000円
そのほか、ハガキ、シールなど




コメント

非公開コメント

プロフィール

べきら

Author:べきら
観劇の記録です。

Twitter

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。