スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『敦―山月記・名人伝―』

せっかくSePT倶楽部の先行販売で申し込んだのにP列(最後列)なのか……と落胆しつつ劇場に向かいました。

結論からいうと、高さ――いわゆる「タッパ」――のある世田谷パブリックシアターの空間を存分に活かした、松井るみさんの素晴しい舞台美術を一望できて大満足でした。

やはり、芝居は観てみないとわからないですね。

わずか33歳で夭折した作家・中島 敦へ寄せる萬斎さんの想いが結晶したような舞台でした。

藤原道山さんの尺八の、虹のように多彩な音色にも感嘆させられました。


『敦―山月記・名人伝―』
2006年9月1日(金)~18日(月)
世田谷パブリックシアター
全席指定
S席7,000円
A席5,000円

・公式サイト:http://www.setagaya-ac.or.jp/sept/

・公式ブログ:http://setagaya-ac.or.jp/atsushi/
※画像豊富な稽古場レポ、簡潔で行き届いた解説など、たいへん充実した内容です。

べきら観劇日
2006年9月2日(土)
P列中央ブロック

上演時間:約2時間(15分休憩含)


販売グッズ:
プログラム1,000円
ポスター1,000円
原作本『李陵・山月記』(新潮文庫)380円
書籍、雑誌など

コメント

非公開コメント

プロフィール

べきら

Author:べきら
観劇の記録です。

Twitter

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。