スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『LUXOR』『読後感』

「記憶」をテーマにふたりの脚本家が競作するSPIRAL MOON 流歌合せ=二作品上演です。
私は『LUXOR』に一票を投じたいとおもいます。
秀作の外国映画のようでした。
秋葉舞滝子さんの女優力にも(両作品を通して)開眼しました。



SPIRAL MOON the 19th 20th session
『LUXOR』『読後感』
2009年6月17日水曜日~21日日曜日(『LUXOR』5+『読後感』5=全10ステージ)
下北沢「劇」小劇場
CoRich情報

『LUXOR』
作:乾 緑郎/演出:秋葉舞滝子
『読後感』
作:長堀博士(RAKUENOH+)/演出:秋葉舞滝子

全席指定
前売 3,500円
当日 3,800円
『LUXOR』『読後感』セット券 6,000円(前売のみ)

べきら観劇日:
2009年6月19日金曜日14:00~『読後感』
2009年6月21日日曜日13:00~『LUXOR』


上演時間:
『読後感』1時間20分(休憩なし)
『LUXOR』1時間20分(休憩なし)

【物販】
『読後感』台本 1,000円
※『LUXOR』の台本販売は無し←残念!
オリジナルTシャツ(長袖・半袖) 2,000円
過去公演台本 @1,000円
舞台録画DVD @3,000円

【当日パンフレット】
A5/4P
※『LUXOR』『読後感』共通

コメント

『LUXOR』のみ観劇しました。途中のどんでん返しにびっくりしました。
記憶って不思議ですよね。夢を見ている時も『これが現実か夢か?』ってわからない時がありますし。
牧野達哉さん(ちょっとエキセントリックな雰囲気がステキ)の『お前のその記憶は本物か?』
っていうセリフにドキッとしてしまいました。

べきらさんすみません、コメントに名前入力し忘れました。
劇団め組のファンのフェイフェイでした。

>フェイフェイさん
ようこそ!ご丁寧なコメント、恐れ入ります。
たぶん(きっと)フェイフェイさんだろうなーとおもっていました♪
『LUXOR』、不思議さが魅力的な作品でしたね。
いま劇場の客席に座っている自分はほんとうにここにいるのかしら?とふっと不安になりました。
牧野さん、おっしゃる通り危うさに惹かれてしまいますね。
『読後感』のとき、牧野さんが開演前の客席で誘導をしていて、あの大きな瞳で「こちらです」と案内してもらってどきどきしてしまいました(笑)
非公開コメント

プロフィール

べきら

Author:べきら
観劇の記録です。

Twitter

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。