スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『魔王降臨―Live SIDE』

人気ゲームを舞台化したエンタテインメント演劇――劇団スタジオライフの船戸慎士(ふなと・しんじ)さんの客演舞台でなければ、ゲームに縁のないべきらはたぶんチケットを取ることはなかったとおもいます。

東京でも有数の歓楽街、新宿歌舞伎町のライブハウス兼格闘技場で開演した舞台は痛快無比、原案となっているゲームのファンの眼にどう映ったのかはわかりませんが、スピード感溢れる殺陣とアクションにべきらの血は沸き肉は躍り、大興奮のお伽の世界を楽しませていただきました。

やはり芝居は“観たもの勝ち”――とにかくまず観てみなければわからないものですね。

R:MIX、仕事のストレスなど吹き飛ばしておとなをワクワクさせてくれる、愛すべきアクション&イリュージョン劇団でした。

R:MIX
『魔王降臨 Live SIDE&Evil SIDE』
2006年8月31日(木)~9月3日(日)
新宿FACE

前売5,000円(1ドリンク付き)
当日5,500円(1ドリンク付き)
セットチケット9,000円(2ドリンク付き)
立ち見チケット3,500円(1ドリンク付き)
※ツィンストーリー(Live SIDEとEvil SIDE)なので、両ストーリー観劇する場合はセットチケットがお得です。
チケットと引き換えに劇場入り口で手渡されたA3二つ折りパンフレット掲載の配役表によれば、船戸さんを始めとして俳優さん達は両ストーリーに共通して出演します。
演じる役も同じです。
ライブハウスなのでドリンクは会場内に持ち込み自由、観劇前は「水分絶ち」のべきらは辞退しましたが、まわりの人達はビールやサワーなど飲んで楽しそうでした。

・劇団公式サイト:
http://www.rmix.net/

・新宿FACEサイト:
http://www.shinjuku-face.com/
※格闘技の場合は会場中央にリングが設けられる「格闘技STYLE」になりますが(↑サイト内HALL GUIDE参照)、今回は「コンサートSTYLE」でした。
椅子はパイプ椅子でしたが、椅子と椅子をぴったりつけずに少し間隔を開けて並べてくれているので、両隣とも女性だったべきらはとてもゆったり座れました。
前の列との間も広めで足の前にバッグを置くことができました(狭い劇場では膝の上に置くか、足と椅子の間に押し込むしかありませんものね)。
並べ方も前の列と半席分ずらしてあるので、前の人ふたりの間から舞台を観ることができて、とても見やすかったです。
ただ、べきらは2列目だったからよかったのですが、傾斜のない平らな床なので、後ろの席は観づらかったかもしれません。

べきら観劇日:
2006年8月31日(木)初日 夜の部(Live SIDE)
2列目ほぼ中央

上演時間2時間10分(休憩なし)


中世の仮想の王国ルクレチアを舞台に、美しいお姫様をめぐって勇者と魔王軍が死闘を繰り広げる冒険活劇ストーリーです。

船戸さんがどれなのか、最初はまったくわかりませんでしたが、えー!この人がそうだったの!?とわかってからはその芸達者な「化けぶり」をひたすら堪能しました。

あと、もうひとつ驚いたのは船戸さんの殺陣の素晴らしさです!

本家スタジオライフの舞台では重厚さ(『LILIES』のジャン・ビロドー司教/べきらDVD鑑賞)や温厚さ(『トーマの心臓』2006年版のバッカス)が印象深かったのですが、これほど機敏な動きを見せてくれるとは、まったく驚きでした。

主役の谷口賢志(たにぐち・まさし)さんは、ゲーム画面のキャラクターが三次元化して動いているようで、とにかくただひたすらにカッコイイです。

「谷口賢志」という名前になんとなく記憶があったのですが思い出せず、舞台のご本人の顔を見ても「なんて色男なのかしら♪……」とひたすら見蕩れるのみでしたが、あとで公式プロフィールを確認したところ、特撮ヒーロードラマ『爆竜戦隊アバレンジャー』第46話で人々の心を惑わすヴィジュアル系占い師・出雲 蘭(いずも・らん)を演じて強烈な印象を残したあの俳優さんだったことが判明、ラン様でしたか!?となつかしさに嬉しくなってしまいました。

べきらがこの『べきらふぁいる』とは別に応援ブログを運営している俳優・田中幸太朗(たなか・こうたろう)さんが『アバレンジャー』で演じた凄艶なる悲劇のキャラクター・仲代壬琴(なかだい・みこと)には今でも深く心酔しているのですが、その壬琴と蘭様が夜の埠頭で対峙する46話冒頭の緊迫したシーンの美しさは、アバレンジャーのなかでも名シーンとして思い出に残っています。

あれから3年近くが経って、想わぬところでなつかしい俳優さんと舞台で出会えるとは、嬉しい奇遇を得ることができた8月最後の夜となりました。

・『爆竜戦隊アバレンジャー第46話:祈って!アバレビジュアル系』
2004年1月11日(日)放送
テレビ朝日
東映サイト:http://www.toei.co.jp/tv/user/program/browse3.asp?Command=Old&StrNum=46&SID=176
テレビ朝日サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/aba/contents/story/0046/index.html#f1
※一番上の画像で、フランス人形を抱いているのがラン様の谷口さん。
舞台では頬が鋭角的になって精悍さが増していたのでわかりませんでした。

・谷口賢志さん公式サイト:
http://www.masashi-taniguchi.com/

【オリジナルグッズ情報】
・DVD『魔界の都』2,000円
・台本『魔界の都』(第5稿)1,000円
・台本『魔王降臨 Live SIDE』(第4稿)1,000円
・台本『魔王降臨 Evil SIDE』(第4稿)1,000円
・ポスター500円

コメント

非公開コメント

トラックバック

爆竜戦隊アバレンジャー『爆竜戦隊アバレンジャー』(ばくりゅうせんたいアバレンジャー)は、2003年(平成15年)2月16日から2004年(平成16年)2月8日までテレビ朝日系列で毎週日曜日7:30 - 8:00に全50話が放送された、東映製作の特撮テレビ番組一覧|特撮テレビドラマシ

プロフィール

べきら

Author:べきら
観劇の記録です。

Twitter

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。