スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年の観劇

2008年は128の演目を観劇することができました。
ダブルキャスト公演やひとつの演目を複数回観劇した分を含めますと、劇場に足を運んだ回数は約180回になります。

2007年の観劇(105本明細)
2006年の観劇(53本明細)

楽しい1年でした。
自分と周囲の人間が、順調な環境にあったからこそ実現できたことです。
健康でいられましたし、仕事もありますし、乗り越えられないほどの災難に遭わずにすみました。
景気の悪化で住まいと仕事を失った人々の報道に接すると、自分の状況がいかに恵まれているかを深く感じます。
いつもひとりで劇場に行ってしまう私への、パートナーの理解と支援にも感謝します。

劇場の席に座り、開演時刻がきて照明が溶暗すると、世界に向かって飛び出していくように心が広がるのを感じます。
とくに、小劇場演劇が持つ何が起きるかわからない未知数の楽しみにはますます魅了されつつあります。
今年2009年も状況が許すかぎり、嬉しくときめきながら観劇を続けていきたいです。



2008年の観劇明細(合計128本)


私・べきらが観劇した順、★は当べきらふぁいるレポへのリンクです。
複数回観劇した演目については、第1回目を観た月に入れました。

2008年
1月
『Tea for Two』
『サバンナの掟』
『カゴツルベ』
『目を見て嘘をつけ』
『ナチュラルマン』
『百千万』
『PTA』
『泥花』
『新・雨月物語』
計9

2月
『ロックオイル砦の決闘』
『愛にきキて』
『カリフォルニア物語』
計3

3月
『ある結婚の風景』
『三人姉妹』(時間堂)
『フリータイム』
『身毒丸 復活』
『新・こころ』
『さらば、わが愛~覇王別姫』
『葦の籠(アシノカゴ)』
『ミステリア・ブッフ』
『Warriors~デンジャラスな侠(おとこ)達』
計9

4月
『顔よ』
『バーム・イン・ギリヤド』
『颶風のあと』
『夏の夜の夢』
『HIDE AND SEEK』
『飛ぶ痛み』
『愛のテール』
計7

5月
『毛皮のマリー』
『狂人教育』
『日本語を読む~リーディング形式による上演~ C 彦六大いに笑ふ』
『hg』
『わが魂は輝く水なり』
『HYMNS-ヒムス-』
『第17捕虜収容所』
『田中さんの青空』
『日本語を読む~リーディング形式による上演~ H 城塞』
『エンバース~燃え尽きぬものら~』
『風のつめたき櫻かな―久保田万太郎作品集より―』
『誰ソ彼』
計12

6月
『襤褸(ぼろ)と宝石』
『jamais vu -未視感-』
『RISE』
『Bon Voyage!』
『鳥瞰図』
『夏祭浪花鑑』
『I do I want』
『カムイノミ』
『日射し』
『鹿鳴館』(新派120年記念公演)
『俺を縛れ!』
計11

7月
『混じりあうこと、消えること』
『かもめ』
『心中天網島』
『エリア1』
『Kiss me, deadly』
『まほろば』
『審判員は来なかった』
『死の舞踏』
『道元の冒険』
『ウドンゲ』
『夜と星と風の物語』
『閃光』
『星の王子さま』
『僕らの声の届かない場所』
計14

8月
『LADY椿 鹿鳴館狂詩曲』
『生憎』
『ボクコネ』
『新ハムレット』
『ミザントロオプ』
『地獄のKiosk』
『真説・多い日も安心』
『闇に咲く花』
『マージナル<砂漠編/都市編>』womb(ウーム)チーム、uterus(ジュテレス)チーム
計9

9月
『赤坂大歌舞伎 「江戸みやげ 狐狸狐狸ばなし」「棒しばり」』
『怪談牡丹燈篭』
『ラーバルメモリ~larval Memory~』Redチーム
『偶然の音楽』
『宅配屋と依頼人』
『花』棗(なつめ)組、妛(あけび)組
『ゆらゆら』
計7

10月
『近代能楽集 「綾の鼓」「弱法師」』
『The Diver』
『三億円事件』
『STARMAN』
『そまりえ』
『毛皮のマリー』(アクターズプレイヤー)
『三人姉妹』(地点)
『から騒ぎ』
『いさかい』
『貴婦人の帰還』
『平成中村座十月大歌舞伎 仮名手本忠臣蔵』Aプログラム
『桜の園』(地点)
『おわりのいろは』
『サド侯爵夫人』
『孤独から一番遠い場所』
『氷ICE』
『電車は血で走る』
『山の巨人たち』
『狂気の路地』
計19

11月
『1945』
『プラスチックレモン』
『広い世界のほとりに』
『MY WAY 【名もなき戦士の詩】』
『機械と音楽』
『友達』
『ベゴニアと雪の日』
『接触』
『i/c(アイ・シー)』
『表裏源内蛙合戦』
『アメノキオク…』
『賊』
『黄金の猿』
『いきなりベッドシーン』
『いまさらキスシーン』
『怪人21面相』
『死の泉』
『SOLITUDE』
計18

12月
『パサジェルカ』
『雪のひとひら』
『ドブネズミたちの眠り』
『太鼓たたいて笛ふいて』
『日陰者に照る月』
『12人』
『proof』
『不憫』
『ウルリーケ メアリー スチュアート』
『SUNSHINE(サンシャイン)~ひとつ屋根の下~』
計10

コメント

非公開コメント

プロフィール

べきら

Author:べきら
観劇の記録です。

Twitter

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。