スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『12人』

映画で有名な『12人の怒れる男』を下敷きに、場所を日本に移し変えた密室劇です。
12人の陪審員のうち5人が女性キャストになっているので、華やかさと優しさがありました。
犯罪捜査や裁判には素人の一般市民が、曇りのない眼で真実を追究していく本歌に沿ったかたちで進みます。
さまざまな出自のキャストの個性と協奏を楽しみました。
客席が2方向から舞台を挟む対面型ステージなので、とても緊密感があります。

私は劇団Studio Lifeの政宗(まさむね)さんが出演するとのことでチケットを取りました。
私がStudio Lifeを観始めた2年くらい前は新人だった政宗さんが、ベテランキャストに伍して繊細さと怒りの共存した屈折した人格を魅力的に演じていました。
残り1ステージを残すのみですが、これからご覧になる政宗ファンは「手前側」の席を選択なさることをおすすめします。



演劇ユニット プラグ・イン
第5回公演
『12人』
2008年12月17日水曜日~21日日曜日(全8ステージ)
劇場MOMO
公演情報

台本:竹村祥成 & Plug-In
演出:三好恵理子

全席自由
前売3,200円
当日3,500円

べきら観劇日:
2008年12月19日金曜日15:00~

上演時間:約2時間(休憩なし)

【物販】
未確認

【当日パンフレット】
A4/4P
※当日パンフレットは、アンケート用紙とともに厚紙にクリップ止めされています。

コメント

非公開コメント

プロフィール

べきら

Author:べきら
観劇の記録です。

Twitter

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。