スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『いまさらキスシーン』

部活に勉強、恋愛と大忙しの女子高生が、駅伝選手としてのトレーニングのため、英単語を記憶するため、憧れの先輩の自宅前を通るため、という複眼志向で国道をひた走ります。
超ミニスカートの女子高生の制服が不思議になじむ怪男優・玉置玲央さんです。
『サバンナの掟』(2008年1月/シアタートラム)の赤毛女子高生もよかったですが、今回の三御堂島(みみどうしま)ひよりも可愛かったです。
一生懸命になればなるほど周囲からバッシングされてしまうところは『いきなりベッドシーン』と共通していて、ふたつの作品は作・演出の中屋敷法仁氏の自叙伝なのかもしれないとおもいました。



柿喰う客企画公演
玉置玲央一人芝居
『いまさらキスシーン』
2008年11月19日水曜日~24日月曜日(全9ステージ)
王子小劇場

作・演出:中屋敷法仁

全席自由
前売、当日とも500円
※開場は開演の30分前/受付順に入場

べきら観劇日:
2008年11月22日土曜日20:30~

上演時間:25分(休憩なし)

【物販】
上演台本『いまさらキスシーン』『いきなりベッドシーン』2冊セットで1,000円

【当日パンフレット】
B5/4P
・「ご挨拶」(中屋敷法仁氏による挨拶文)
・配役表
・スタッフ
・スペシャルサンクス
・リピーター割引案内
・物販コーナー案内
・柿喰う客 今後の予定
・劇団員 外部活動情報
・オーディション情報
・ボランティアスタッフ募集

コメント

非公開コメント

プロフィール

べきら

Author:べきら
観劇の記録です。

Twitter

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。