スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『いきなりベッドシーン』

独特の抑揚をつけたセリフ口調の劇団地点の公演(『三人姉妹』『桜の園』/2008年10月/吉祥寺シアター)に先日触れたときは、なにか祈りのようなものをかんじて、仏教音楽である声明(しょうみょう)に通じるものをかんじました。
やはりセリフ回しに特徴がある柿喰う客の劇団員によるひとり芝居2本立てのうちの1本です。
柿調の語りを今回ひとりの演者でじっくり味わってみて、内向する地点に対して柿喰う客は感情を放射する浄瑠璃のようにおもえました。

作・演出の中屋敷法仁氏が当日パンフレットで「自分へのラブレター」と表現した『いきなりベッドシーン』は、世の中のあらゆることに興味津々なあまりダークな生き方をも引き受けて疾走する女子高生の話です。
『真説・多い日も安心』(2008年8月/吉祥寺シアター)でのとびきりな男前ぶりが素敵だった七味まゆ味さんが、50分間語り通しでまさに鷲津神(わしづかみ)ヒカルそのものの自己破壊的強烈パフォーマンスをみせてくれました。
ラストの暗転直前の、火花が炸裂したようなヒカルの表情がよかったです。

柿の本公演では毎ステージ終了後にアフタートークがありますが、今回は「企画公演」ですし約30分後には次の『いまさらキスシーン』が始まるのでまったく期待していなかったところ、ちゃんと終演後に中屋敷主宰が登場してトークをおこなってくれました(約10分間)。



柿喰う客企画公演
七味まゆ味一人芝居
『いきなりベッドシーン』
2008年11月19日水曜日~24日月曜日(全9ステージ)
王子小劇場

作・演出:中屋敷法仁

全席自由
前売2,000円
当日2,300円
※早期割引、リピーター割引あり
受付開始は開演の60分前、開場は開演の30分前/受付順に入場

べきら観劇日:
2008年11月22日土曜日19:00~

上演時間:50分(休憩なし)

【物販】
上演台本『いきなりベッドシーン』『いまさらキスシーン』2冊セットで1.000円

【当日パンフレット】
B5/4P
・「ご挨拶」(中屋敷法仁氏による挨拶文)
・配役表
・スタッフ
・スペシャルサンクス
・リピーター割引案内
・物販コーナー案内
・柿喰う客 今後の予定
・劇団員 外部活動情報
・オーディション情報
・ボランティアスタッフ募集

コメント

非公開コメント

プロフィール

べきら

Author:べきら
観劇の記録です。

Twitter

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。