スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『偶然の音楽』

初演(2005年10月)とほぼ同じ縦長舞台です。
中央ブロックはF列が最前列です。

私が観た回は、いっさいの前説なく始まりました。
舞台世界とひとり向き合う準備のときを、大切にしてくれているように感じました。



世田谷パブリックシアタープロデュース
『偶然の音楽』
公演情報
2008年9月14日日曜日~28日日曜日(全14ステージ)
世田谷パブリックシアター

原作:ポール・オースター
翻訳:柴田元幸
演出:白井 晃

全席指定
一般A席6,500円/B席5,000円
TSSS(TOYOTA Student Support at Setagaya) 各一般料金の半額
友の会会員割引 A席6,000円
世田谷区民割引 A席6,200円

べきら観劇日:
2009年9月15日月曜日14:00~

上演時間:2時間15分(休憩なし)

【物販】
プログラム1,000円
ポスターほか



偶然の音楽 (新潮文庫)



トゥルー・ストーリーズ (新潮文庫 オ 9-10)

コメント

非公開コメント

プロフィール

べきら

Author:べきら
観劇の記録です。

Twitter

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。