スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年1月の観劇

『Tea for Two』
『サバンナの掟』
『カゴツルベ』
『目を見て嘘をつけ』
『ナチュラルマン』
『百千万』
『PTA』
『泥花』
『新・雨月物語』
計9演目
※私・べきらが観劇した順、★は当『べきらふぁいる』レポへのリンクです。



座席数1,000以上の大劇場での、テレビや映画で知名度の高い俳優さんを起用した商業演劇から、100席にも満たない劇場での少人数の劇団員による芝居まで、2007年はとにかく手当たり次第に観ていたかんじがします。
2008年が開けた今の気持ちとしては、今年は小劇場をもっと観ていきたいという想いが強いです。
商社や大手広告代理店が、企画力と資本力を結集して都会の一等地にオープンさせるファッションビルよりも、個人オーナーが仲間とともに作る、手づくり感のある小さなお店に惹かれるのです。
ただ、個人ショップも「事業」である以上、今よりも発展すること=収益を上げより大きくなろうとする道の途上にある点ではファッションビルと同じです。
ほかにはないここだけの独自の世界を提供しつつ、――観る者である私としてはそれを全身の神経を開いて受けとめつつ、――ひとつの事業体としてその個人色の強い劇団なりカンパニーなりがどのように存続していこうとするのか、そういうことも含めて、いち観客として求め感じようとして、今年も座席に座り続けたいとおもいます。

コメント

非公開コメント

プロフィール

べきら

Author:べきら
観劇の記録です。

Twitter

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。