スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『Tea for two~二人でお茶を』

1年に1度だけの浮気のデートを25年間続ける、ひと組の恋人達の物語です。
本歌(バーナード・スレイド作『セイムタイム・ネクストイヤー』)の男女が、ふたりのゲイに置き換えられています。
私は『セイム~』未見ですが、充分楽しめました。
ベッドと机だけのシンプルなビジネスホテルの一室で、愛にあふれる25年間の時が流れていく素敵なお芝居でした。
20歳の大学生から45歳の会社経営者までを演じ分ける劇団主宰・関根信一さんはとてもキュートですし、5歳年上の妻子持ち役の成田独歩さんは弱気な二枚目ぶりが魅力的でした(私としては、最後の50歳のロマンスグレー+眼鏡がもっともかっこいい♪とおもいました)。
笑いもたくさんあるいっぽう、カミングアウト、エイズというゲイの人達が抱える問題が重要な要素として組み込まれています。
フライングステージの公演は昨2007年の『サロン』で初めて観ました。
このときは関根さんを筆頭とするドラァグクィーン達のきらびやかな拵えとショータイムが楽しませてくれたのですが、今回はそれは「なし」かなとおもっていたところ、ちゃんと華やかな女装姿を披露してくれたのが嬉しかったです。
基本的にはふたり芝居なのですが、場面転換で登場する「ホテルのおばちゃん」役の石関 準さん(終始無言)が「○○○○年」という西暦が書かれた紙を客席に提示するときの上目遣いが可愛かったです。
劇団公式サイトのLIBRALYに上演台本が掲載されています。

カーテンコールでの関根さんの告知によれば、フライングステージ次回作は夏目漱石の原作を男と男の恋と友情という観点から描く『新・こころ』(2008年3月、下北沢 駅前劇場)とのことです。



劇団フライングステージ
サンモールスタジオ提携 ダブル受賞記念公演
『Tea for two~二人でお茶を』
2008年1月4日金曜日~8日火曜日(全7ステージ)
サンモールスタジオ

公演情報:http://seisakusya.jp/stage/index080108.html

作/演出:関根信一

前売り3,000円
当日3,300円
日時指定全席自由
開演1時間前から整理券を発券、開演30分前に整理番号順に入場(↓more参照)


べきら観劇日:
2008年1月5日土曜日昼の部
※通路に折りたたみ椅子席が出るほどの満員盛況でした。

上演時間:1時間50分(休憩なし)

【物販】
過去公演DVD(『M/H ミッシングハーフ』)“お正月価格”1,500円
※終演後に買うつもりでいたのですが、ロビーにたくさんの人達が残って談笑しているあいだを通り抜けて出口をさがすのに必死になっていたらすっかり忘れてしまいました。残念!
どうか次回公演『新・こころ』の会場でも売られていますように。
チラシによれば、この『M/H ミッシングハーフ』(2006年春 サンモールスタジオ)はサンモールスタジオ賞の最優秀作品賞と主演女優賞(関根さん)を受賞したとのことで、今公演のタイトルにある「ダブル受賞」はここからきています。
プログラム販売なし

【当日パンフレット】
A4二つ折り
関根さんの挨拶文(25年前の自分のこと、作品のモデルとなった札幌のホテルと「おばちゃん」のことなど)
キャスト・スタッフ一覧表
今後の活動情報
次回公演告知
地下のロビーで待っていると、客席開場時刻(=開演30分前)の5分前にスタッフから声がかかり、まず「白い」番号札1番の人から順に20番くらいまで呼ばれて1列に並び、次に「黄色の」番号札の人達が1番から並びました。
客席が開場すると白の列が先に入り、そのあとに黄色の列が入りました。
細かいことですが、並ぶとき「1番の方」、「2番の方」とひとりひとり呼んでくれるのは親切だとおもいました。
「1番から10番までの方、お並びください」といわれると、見知らぬ客同士で番号を見せ合うのはなんとなく恥ずかしかったり気まずかったりしますし(いい雰囲気の客層で自然とまとまるときもありますが)、とくに自分のほうが若い番号だったりすると恐縮してしまったりと、とにかく気を使うのです。
いっぽう、黄色い番号札の「黄色」がとても薄く(白と並べてようやくわかるくらい)、自分の札は白だとおもってしまった人が後ろの黄色列に並び直すことになったのはちょっとお気の毒でした。
それ以外のところは、小さな劇場のわりには案内スタッフの人数も充分ですし、全体に丁寧な接客という印象を受けましたので、次回はきっと改善されるとおもいます。

コメント

非公開コメント

プロフィール

べきら

Author:べきら
観劇の記録です。

Twitter

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。