スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経新聞夕刊に首都圏の劇場続々オープンの記事

記事に採り上げられた新オープンの劇場を数えたら、10(!)ありました。

私・べきらは100%の「一般観客」、つまり演劇を制作したり創作したりする側の内情や苦労をまったく知らない、もらったお給料からチケットを買って劇場に足を運んでいる気楽ないち演劇ファンなので、劇場がたくさん出来るのというのはまずはめでたく嬉しいことにおもえます。

しかし、演劇界にとっては「競争激化」「質の低下」など悩ましい問題があるようです。



日本経済新聞
2007年10月29日月曜日付け夕刊
東京都23区内配布版



P22
夕刊文化
「大競争時代」演劇界にも
首都圏に新劇場が続々オープン


NIKKEI NETより、夕刊セレクト――きょうの注目記事(10月29日):
http://www.nikkei.co.jp/honshi/yukan/


↓記事から抜書きしました。
()内は経営主体と開場時期です。

・「あうるすぽっと」(豊島区/2007-09-10開場済み)
・「アルテリオ小劇場」(2007-10末)
・「シアタークリエ」(2007-11-07)
・「ブルーマン」専用劇場(2007-12)
・「赤坂ACTシアター」(TBS/2008春)
・シルク・ドゥ・ソレイユの常設劇場(2008)
・杉並区が杉並芸術会館(2009)
・渋谷区が旧大和田小学校跡地の建物に中小ホール(2010)
・東急が渋谷駅前にミュージカル劇場(2012)
・神奈川県が県立新ホール(開場時期未記載)



このうち公共ホールの新設については、しろうと演劇ファンながら愛読しているfringe(小劇場の制作者を応援するサイト)に、半年ほど前↓このような記事が掲載されていました。

fringe blog「都市部に貸館中心の公共ホールは要らない」:
http://fringe.jp/blog/archives/2007/04/01114355.html(2007-04-01)

コメント

非公開コメント

プロフィール

べきら

Author:べきら
観劇の記録です。

Twitter

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。