スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『風(ふう)2』

赤座直樹さん演じる「天使」な沖田総司がとにかく可愛い!
『風』(←“ふう”と読みます)第1作から半年ぶりでようやくあのせつなく愛(いと)おしい総司と再会することができました。
第1作は2007年4月に吉祥寺シアターで上演され、今回の『風2』で完結する2部構成の作品です。
新撰組キャラクターのなかでもっともアイドル的存在である沖田総司を、剣に抜群の才能を示す以外は心が幼児のままのサヴァン症候群であると設定した作・演出 澤田正俊氏の切り口がとても斬新で、劇団ZAPPAならではの魅力ある総司像だとおもいます(『風』『風2』は1999年初演で、今回は8年ぶりの再演とのことです)。
小柄で細くて少年のような赤座さんの雰囲気がキャラクターにぴったりで母性本能を大いに揺さぶられ、総司を溺愛する近藤勇(川守田政人さん)ならずともおもわず頭をなでなでしたくなってしまいます。
じっさい、巨漢体型の近藤さんがいじらしさの感極まって総司をがばと掻き抱く第1作のシーン(←大好きなシーンです♪)では、グリズリーが子猫に襲い掛かったように赤座さんの姿はすっぽりと川守田さんの体内に納まってしまい、窒息しちゃわないかしら……と母モードで心配してしまいました(笑)
ZAPPAはダブルキャストで、赤座さんの颪(おろし)チームに対するもう一方の颶(つむじ)チームを第1作では見逃してしまったのですが、今回の『風2』で万難を排して観劇実現しました。
颶(つむじ)チームの総司・あやいちさんは、赤座さんの天真爛漫な少年とは対照的に繊細な青年というイメージで、暴走したときのキレたかんじに凄みと迫力があってこちらもまた新鮮でした。
一番の楽しみである元気で勢いのある殺陣も満載です。
羽でも生えたかのように軽やかな総司の身ごなしのほか、新撰組隊士達の個性ある剣さばきに心がわくわく躍ります。
今回はとくに槍×槍、二刀流×二刀流が見ごたえありました。
土方歳三と山南敬助(颪チームに劇団Studio Lifeの寺岡 哲さんが客演、優しくて知的な山南さんが素敵でした)それぞれの恋を通じて女性の生き方にも目線を向けているところに作家の配慮を感じます。
第1作は上昇気運に乗った新選組が池田屋事件でピークを迎えるまででしたが、今回は池田屋後、新しい時代の流れに彼らが飲み込まれていく様子が澤田氏オリジナルのエピソードを交えて描かれます。
そしてあわれ総司の運命は悲しくも美しく……クライマックスの会場内は両チ-ムとも女性客のすすり泣きに包まれました。
劇団ZAPPA、次回の新作が楽しみです(次回公演は2008年秋予定)。



劇団ZAPPA
vol.11
『風(ふう)2』
2007年10月12日金曜日~21日日曜日
東京芸術劇場小ホール1

作・演出:澤田正俊

前売3,000円(グッズ付き)
当日3,000円
全席自由(日時指定)
※16日夜の部は開場時に約20人が並んでいました。前売特典のグッズ(『風』オリジナルタオル)はチケットもぎり時にもらえます。また、チケット半券を提示すると2回目は2,000円で観劇できるとのことです。べきらが観劇した2日間ともほぼ満席状態でした。

べきら観劇日:
2007年10月15日月曜日夜の部(颪=おろしチーム)
2007年10月16日火曜日夜の部(颶=つむじチーム)

上演時間:2時間40分(休憩なし)
※前説では2時間30分、掲示では2時間45分となっていましたが、カーテンコール終了時点でべきらの時計では2回とも2時間40分でした。

【物販】
・『風(ふう)』『空-SORA-2006』オリジナルサウンドトラック
価格未確認

・『風(ふう)』第1作DVD
颪チーム(DISC1、DISC2の2枚組)¥2,980-
颶チーム(DISC1、DISC2の2枚組)¥2,980-
※セット売りではないので、どちらかのチームだけ購入することもできます。べきらは15日に両チーム分を購入しましたが、「ラベルがまだできていない」とのことで100円ずつ値引きしてくれました。DVDサイズにぴったりの正方形ビニール袋に入れてくれたのがありがたかったです。



・劇団公式サイト(音が出ます):
http://zappa-zappa.com/
※『風(ふう)』第1作のダイジェスト動画が視聴できます。

・演劇空間サイトでの澤田正俊氏インタビュー:
http://www.340481.com/modules/special5/index.php?id=31

コメント

非公開コメント

プロフィール

べきら

Author:べきら
観劇の記録です。

Twitter

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。