スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『夜のジオラマ』

つい2週間前の劇団め組公演『義経x2(エックスツー)』公演情報では源平合戦の場だった下北沢「劇」小劇場の舞台が、明るく開放的な――でも、どこか無機質な――近未来空間に変貌していました。
め組の野村貴浩さんが昨2006年の『サクラソウ』公演情報に客演したのを観に行ったのがきっかけで、SPIRAL MOONの静かで叙情的な世界に惹かれるようになりました。
夫婦や親子の情愛を丁寧に描くのが持ち味だとおもっていましたが、今回のストーリーは「SFもの」ときいて驚きました。
たしかに数十年のスパンで時空が去来し、未来技術も登場しましたが、SPIRAL MOONの持ち味である細やかな感情の追跡と微細なものを積み上げていくような演出は健在でした。
今回の野村さんは、爽やかな笑顔の裏にあるもうひとつの顔がとても印象的で、かっこよかったです。
前日の27日火曜日に初日が開けた『遥かなるエデン』に客演している同じめ組の藤原習作さん同様、稽古期間が2週間と短いために出演シーンは少ないのですが、強い残像が残りました。
野村さん演じる「石田」にスポットをあてたアナザーストーリーを観たいとおもいました。
野村さんのほかにも個性の際立ったキャストがたくさん登場しますが、なかでも戸谷和恵さんのキュートさと身体能力に脱帽でした。
小柄な戸谷さんが長身の野村さんを相手にする「アクション」には、まさか!と目を疑ってしまいました。
食器やちょっとした小物など小道具にセンスが感じられるのもSPIRALの特長ですが、今回は未来の携帯電話と名刺?(個人の確認のための装置)がとても洒落ていました。
主宰・秋葉正子さんの出演がないのが残念でした(秋葉さんは演出に専念)。

あと、劇場1階奥にあるトイレの飾りつけが素敵です。
とくにドアノブの飾りが『おんわたし』のときは夏らしいビーズでしたが、今回は冬らしい暖かい素材でした。
しかも、舞台が無機質なぶん、ある「生命体」をモチーフにしているのがニクいなとおもいました。
芳香剤ではなくお香を使う配慮、ウェルカムカードもいいですね。
舞台まわりのこのような細かい気配りによっても、SPIRALの世界に誘い込まれます。

当日パンフレットによれば、SPIRAL MOON次回公演はthe 17th sesseion『日差し』(2008年6月/下北沢「劇」小劇場)とのことです。
キャストは最上桂子さんのみが決定してます。




SPIRAL MOON
設立十周年記念公演第二弾
the 16th session
『夜のジオラマ』
2007年11月28日水曜日~12月9日日曜日(全14ステージ)
下北沢「劇」小劇場

作:はせひろいち(ジャブジャブサーキット
演出:秋葉正子

全席指定
前売3,500円
当日3,800円

べきら観劇日:2007年11月28日水曜日夜の部(初日)

上演時間:約2時間(休憩なし)

【物販】
上演台本1,000円
夜のジオラマ特製Tシャツ2,000円(長袖、半袖)
※↓下にリンクした「いとしげブログ」に野村さんの着用画像があります。
色は黒、ネイビー、グリーンほか。
DVD(オーディオコメンタリー付き)予約3,000円
※チラシ封入の申し込み用紙(A4大)に記入のうえ、終演後のロビーで現金支払い(別途、送料600円が発生します)。
2008年5月に記入した住所に届けられる予定。
制作スタッフが名前と申し込み日の日付をサインした控えをくれます。
このほか、過去公演のDVDや台本も販売されていました(野村さん出演『サクラソウ』DVD、台本もありました)。




・まわた日記:
http://blog.livedoor.jp/silkcotton/
SPIRAL MOONの面々によるブログです。
稽古風景や飲み会の様子が画像入りでupされていて、公演の進行具合がよくわかります。
『義経~』千秋楽の翌日にはやくもジオラマ稽古に参加した野村さんの画像がある記事はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/silkcotton/archives/50777670.html(トラックバックしました)
このほかに、稽古中の野村さんの様子を伝える記事や、野村さん自身による記事もあります。

・いとしげブログ:
http://blog.goo.ne.jp/timesweeper/1
ヒロインへ一途な想いを抱き続ける「土本大樹」役・伊藤十楽成(とらしげ)さん(シアターキューブリック)のブログです。
戦国武将のように立派なお名前ですが、ご本人はほっそりとして繊細な雰囲気の俳優さんでした。
こちらのブログもキャストの画像が豊富です。
ジオラマ特製Tシャツを着た野村さんの画像がある記事はこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/timesweeper/e/bf46451d990b5e76ef15156f0a4a662e(トラックバックしました)

プロフィール

べきら

Author:べきら
観劇の記録です。

Twitter

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。