スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『魔王降臨』船戸慎士さんレポ

アクションとイリュージョンが特色の劇団R:MIXの『魔王降臨』――夏の最後の熱気のように、新宿歌舞伎町で熱く燃焼したエネルギー全開の舞台でした。


べきらふぁいる:舞台『魔王降臨―Live SIDE』(2006-09-01)


劇団スタジオライフの船戸慎士(ふなと・しんじ)さんの外部出演舞台だからという動機で観に行ったべきらでしたが、冒頭からあまりにスピーディな剣戟シーンの連続についていくのがやっとでどれが船戸さんなのかさっぱり見分けがつきません。

登場人物は被り物や特殊メイクの人が多くて、それではと声を頼りにしてもあの船戸さんの艶のある美声が聞き分けられない……もしかしたらツィンストーリーのうちこちら(『Live SIDE』と『Evil SIDE』/べきら観劇は『Live SIDE』)には出演していないのでは、と不安になってきた物語中盤、花道の後方から登場したある人物の声を背中で聞いたとき、これが船戸さんだったのだ!とようやくわかりました。

2006年9月3日(日)に公演が終了したのち、劇団公式サイトの稽古場日記に舞台の様子が順次upされていますが、9月14日(木)分にようやく船戸さんの衝撃(!)画像が掲載されました。

ネタバレありレポ
※公演は終了しましたが、台本(劇場で販売されていたのもの)によれば物語は次回作に続くようです。
次回初めて魔王シリーズを観劇するまで楽しみをとっておきたい方はこれより先はお読みにならないでください。

続きを読む

スポンサーサイト

プロフィール

べきら

Author:べきら
観劇の記録です。

Twitter

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。