スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『森は生きている』レポ

劇団スタジオライフの笠原浩夫(かさはら・ひろお)さん、青木隆博(あおき・しげと)さんが親子を演じる外部出演舞台。

とくに、憧れの笠原さんの「女性役」に期待で胸躍らせながらの観劇です。

素直さや人を信じることの大切さを子ども達に訴える、ロシア版シンデレラ物語――心洗われるようなファンタジー・ミュージカルでした。

ミュージカル『森は生きている』
東京公演(全労災ホール/スペース・ゼロ提携公演)
2006年7月26日(水)~30日(日)
全労災ホール/スペース・ゼロ
全席指定
S席7,500円

公式サイト
※株式会社ライズ・プロデュース サイトより

べきら観劇日:
2006年7月29日(土)
昼の部
Aチーム
4列上手ブロック
※東京公演はAチーム、Iチームのダブルキャスト。ただし、笠原さん、青木さんを含む主要キャストはAチーム、Iチーム、神戸公演チームの全版共通出演。主要キャストが入れ替わるスタジオライフのキャストパターンとは逆ですね。

上演時間2時間30分(休憩1回=15分間)
12:00開場
12:30開演
1幕 70分
休憩 15分
2幕 65分




ネタバレありレポ本文↓

続きを読む

スポンサーサイト

プロフィール

べきら

Author:べきら
観劇の記録です。

Twitter

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。