スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『夏の夜の夢』劇団優先電話予約

演劇のチケットを手に入れる方法はいろいろありますが、べきらは基本的にインターネット予約を利用しています。

よく耳にする、「電話をかけ続けてチケットを確保する」という方法は、電話をかけ続ける手間は厭わないのですが、「人と電話で話す」のがおっくうで敬遠してきました。

本日2006年7月29日(土)は、劇団スタジオライフ『夏の夜の夢』(2006年9月公演)の劇団優先電話予約日でした。

やはり、ファンとなったからには千秋楽を観たい――

先だって7月1日(土)~4日(火)にかけて行われた「ファンクラブ限定最優先予約」にあえなく落選、各プレイガイドの先行予約にもことごとく落選(A、Bチームとも)、かくなるうえは忌避してきた「電話予約」に本日挑戦しようとしたところが、今日は笠原浩夫さん・青木隆博さん出演の舞台『森は生きている』昼の部観劇日だったのでした。

妖精パックを演じる小野健太郎さんの夢見微笑が印刷された「劇団優先電話予約のお知らせ」ハガキに記された、本日のFC会員限定受付時間は10:00~13:00――『森は~』は12:30開演、15:00終演――べきらは10:00にはすでに移動途中で電話はかけられません。

抱腹絶倒に笑わせると同時に絶妙の歌とダンスで魅了してくれた笠原さん・青木さん親子を堪能して全労災ホールを離れ、ようやく落ち着いた17:00頃になって、改めてFC&一般電話受付に挑戦してみました。

劇団優先電話予約:
2006年7月29日(土)
10:00~13:00 FC会員限定
15:00~19:00 FC&一般

加入電話で10回、20回とかけ続けてもツー、ツーという「話し中」音がむなしく響くだけです。

まるで「お前などいらない」、と拒絶されているようです。

ヒロインの娘を虐待していた継母(笠原さん)と義姉(青木さん)は、報いを受けて酷い境遇に落ちるのですが、娘の慈悲深い心はふたりを赦し受け入れ、将来的な救いの可能性も示唆されます。

身から出たさびに恐れおののき、庇いあい抱き合う笠原・青木親子の様子を思い出しながら、締め切り時間の19:00まであと10分をきったとき、ふと気が向いて携帯でかけてみたところ……

――はい、『夏の夜の夢』優先電話予約です♪――

言葉のはっきりとした、爽やかな応対の青年の声が返ってきて、驚きのあまりおもわず黙り込んでしまいました。

――もしもし?――

――あの、よやくを……――

もう電話はつながらないものとあきらめていたので、しどろもどろになってしまいましたが、正確でホスピタリティあふれる青年の対応のおかげで、苦手な電話を気持ちよく終えることができました。

結局千秋楽は両チームとも受付終了でしたが、先日の最優先予約で落選した「トーク日」(終演後に主要キャストによるトーク有)を予約することができました。

――わたくし、○○がお受けしました――

と最後にきちんと名乗った青年の声に、

――○○さまですね、ありがとうございました――

と反復して電話を切ったあと、

この名前、どこかで聞いたことがある……とおもったら、

2005年オーディション入団組で、今年2006年1月に初舞台を踏んだ「Fresh」メンバーのひとり、政宗(まさむね)さんでした。

・政宗さん情報:
http://www.studio-life.com/member/team/Fresh.html
※劇団スタジオライフ サイトより。男性4人画像のうち、政宗さんは右下。

スタジオライフの脚本・演出家であり、唯一の女性である倉田 淳さんがあるインタビューで、役者に期待することとして、

個性的であること以前に、まず嫌な感覚を人に与えずに、ふつうに会話ができること――

と述べていましたが、その倉田さんの意思は年若い新人のなかにしっかりと具現化されていることを実感しました。

プロフィール

べきら

Author:べきら
観劇の記録です。

Twitter

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。